飲む日焼け止めの効果はほとんどなし?【研究職が解説】

いわゆる飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)といわれている商品は、スペイン発祥のフェーンブロック(シダエキスシダ抽出物、Polypodium leucotomos、以下PL)や、ニュートロックスサン(ローズマリー&シトラスエキス)配合商品が有名ですよね。

 

飲む日焼け止めで効果があったという写真つき報告もあるため、本当なのだろうか?と迷うことがあると思います。

 

そこで、最新の論文などを参考に、実験写真も考慮しつつ、飲む日焼け止めサプリの効果を深掘りしてみました。

 

結論は、日焼け止めの代わりにはならないけど、美容サプリとしては有用と考えます。

 


人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ



飲む日焼け止めの効果を示した実験写真

こちらがいわゆる飲む日焼け止め「noUV」で効果があったとされる写真です。

noUVは、PLを配合した商品で、日本で有名なサプリですね。

 

飲む日焼け止めの効果を日焼けサロンで試した写真

【「noUVを飲んだとき」と「飲まなかったとき」での比較実験!】

①まず、被験者が全身服を着た状態で、左腕(noUVなしとマジックで書いてある方)のみ腕をまくり、20分間照射。
この時ほかの部分は布で隠し、日焼けしない状態に。

②20分後、日焼け部位が日焼けしているのを確認し、被験者がnoUVを1粒飲む。

③その後、サプリが体に取り込まれるまで時間(30分)をあけ、今度は右腕(noUVありとマジックで書いてある方)の腕をまくり、20分照射。
この時、左腕は先ほどと同様に布で隠し、日焼けしない状態に。

引用:https://gorilla.clinic/cms/informationnews/nouv_testreport/

記事の記載元は、ゴリラクリニックというメンズクリニックであり、noUVと関連があることがわかりました。

  • ゴリラクリニック・・・東京イセアクリニックの男性脱毛事業が独立してできたクリニック
  • noUV・・・東京イセアクリニックの医師が監修したサプリ

 

ということで、この記事はnoUVのPR記事ともとれますね。

 

さて、上記の実験結果が一定の紫外線量を適切に照射したと仮定すると、普段20分で日焼けする人が、noUVを飲むことで20分は日焼けしなくなったということがわかります。

 

しかし、この効果は、塗る日焼け止めと比べた時に、どれくらいの効果と言えるのでしょうか?

 

飲む日焼け止めのSPFはどれくらい?

通常の塗る日焼け止めのSPFを計測する際は、ISO24444(参考:紫外線防御効果測定法に関する最近の動向について)という国際ルールに従って算出します。

 

簡単にいうと、日焼け止めを塗る前後で、どれくらいの紫外線をあてたら赤くなるか?という最小のエネルギー量(MED)を求め、それらを割り算して算出します。

 

例えば、日焼け止めを塗る前に、100というエネルギーの紫外線をあてて、20分後にわずかに焼けた人がいたとします。

次に、日焼け止めを塗ってから、100というエネルギーの紫外線をあてて、60分後にわずかに焼けたとすれば、(60×100)/(20×100)=SPF3となります。

 

しかし、上記のnoUVの写真では、どれくらいで日焼けが始まるかが明確ではないので、SPFが計算できません。

noUVはPLという成分がメインの成分なで、PLにどれくらいの効果があるのか論文を検証しました。

 

飲む日焼け止めのSPFをPLの実験論文で検証

PLは、もともとはスペインで開発され、日本でも人気の「ヘリオケア」という商品に、フェーンブロックという名称で配合されています。

このPLの効果について、UVBに対してどれくらいの効果を示すか、詳細に検討された2つの実験があります。

  • PLを1日摂取したときの効果
  • PLを28日摂取したときの効果

 

PLのUVB防止効果|1日摂取の場合

以下では、PLを1日摂取したときに、UVBによる赤みをどれくらい防げるかが、写真つきで報告されています。

以下、実験の簡単な流れです。

  1. 1日目に被験者はPLを食べない状態で背中にUVBを照射
  2. 24時間後に肌の赤みを確認
  3. 3日目にUVB照射の2時間前と1時間前に240mgのPLを食べ(合計480mg)、UVBを照射
  4. 24時間後に肌の赤みを確認

 

以下、結果です。

日焼け実験-シダ植物抽出物の影響

引用:The impact of oral Polypodium leucotomos extract on ultraviolet B response: A human clinical study

 

実際の日焼け止めの試験では、背中に6つのポイントに、強さの異なる紫外線を当てます。

1→2→3→4→5→6の順に紫外線を強くしていき、わずかに赤みが出たときの紫外線強度(MED、最小紅斑量)を計算に使います。

 

さて、左側の写真はPLを飲む前に紫外線を照射した結果です。

この被験者は、1のポイントでわずかに赤くなっており、ここにあてた紫外線量は100mJ/cm2と記載されています。

 

次に、右の写真はPLを飲んだ後に紫外線を照射した結果です。

2のポイントでわずかに赤くなっており、ここにあてた紫外線量は150mJ/cm2と記載されていますす。

 

つまり、SPFに直すと、150/100=SPF1.5となります。

なので、推定にはなりますが、noUVもSPF1.5くらいの効果と言えます。

 

PLのUVB防止効果|28日連続摂取の場合

こちらは、PLを毎日1000mg、28日間飲み続けたときの実験です。

PL連続摂取におけるMED変化

引用:The benefits of using a compound containing Polypodium leucotomos extract for reducing erythema and pigmentation resulting from ultraviolet radiation

 

こちらは、MEDではなく、MEDがどれくらい改善したか、改善率で示されています。

 

線グラフの一番右が28日後の結果ですが、改善率が約20%となってます。つまり、PLを連続で飲み続けても、SPF1.2ほどの効果しか得られないということがわかります。

 


人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ



SPF1.5の日焼け止め効果はどれくらい?

ちなみに、SPF1.5はどれくらい効果があるのか。

 

日本人の平均MEDは30mJ/cm2と言われており、(参考:http://db.cger.nies.go.jp/dataset/uv_vitaminD/ja/glossary.html)夏の炎天下では20分くらいで炎症を起こすとされています。

 

SPF1.5だと、20分で日焼けしていたのが、30分になるほどの効果はあるようです。

 

つまり、noUVをはじめとするサプリには、紫外線での炎症の発現を少し遅らせることができるものの、塗る日焼け止めのような効果は得られないと思います。

 

飲む日焼け止めに対してFDAは警告を発信

また、アメリカでも飲む日焼け止めが販売されていますが、2018年5月、米国のFDAは、飲む日焼け止めを販売する4つの会社に対して警告書を送りました。

 

原文は英語ですが、グーグルの力を借りてわかりやすいように要約しました。

 

我々は、FDAの安全性と有効性の基準を満たさずに、日光曝露による害から消費者を保護することを証明していない、栄養補助食品としてラベルされた錠剤やカプセルを違法に販売している企業に警告書を送りました。

Advanced Skin Brightening Formula, Sunsafe Rx, Solaricare, Sunergeticと呼ばれる商品を販売している企業は、

  • 栄養補助食品が日焼けを防ぐ
  • 日光による皮膚の早期老化を軽減する
  • 皮膚がんのリスクから保護する

 

という、誤った安心感を消費者に与えることで、人々の健康を危険にさらしています。

これらの企業は、自社製品に関連するすべての法律違反を修正するように指示されました。

 

消費者は、証拠のない主張をする悪質な会社には注意する必要があります。

 日焼け止めを置き換えることができる錠剤やカプセルはありません。

翻訳:すみしょう with google

 

したがって、いわゆる飲む日焼け止めを飲むだけで、日焼けを防ぐことができると考えるのは絶対にやめるべきだと思います。

 

いわゆる飲む日焼け止めは紫外線ケアサプリとしてはアリ

いわゆる飲む日焼け止めに、まったく効果がないとは思いません。

 

紫外線を浴びると活性酸素種が発生し、シミ、シワの原因等になります。PLには、抗酸化力が高いポリフェノールである、クロロゲン酸、クマル酸、バニリン酸、コーヒー酸及びフェルラ酸が含まれており、紫外線ダメージを多少ケアできると思います。

 

なので日焼け止め効果を期待するというよりかは、紫外線で受けたダメージを多少ケアできる美容サプリとして摂取しましょう。

 

飲む日焼け止めというワードが乱立しているのは誰のせい?

ちなみに、消費者の間では、「飲む日焼け止め」という言葉が浸透しているのでしょうか。

 

PLを開発した本家である「ヘリオケア」のメーカーであるCantabria labsのホームページを見ても、飲むだけでOKの日焼け止め、などとは書いてないです。

日焼けによるダメージに対する肌の抵抗力を高めるのに役立ちます。
それは、損傷を減速させそして修復するのに寄与する成分を含み、従って光老化、しみの出現および日光曝露から生じる他の損傷に対して保護する。

局所光防護を補完する。 局所的な光防護作用が及ばない領域(目、粘膜、髪の毛など)に達する全身表面を均一かつ均一に保護します。

参考:https://www.heliocare.es/fotoproteccion-oral/heliocare-ultra-d-capsulas/

となると、スペイン本家ではなく、日本に輸入されてきたときに、誇大広告が打ち出され始めたことが原因と考えられます。

 

広告はある程度誇大になるのは避けられませんが、日焼け止めが不要!みたいな誤解をさせるメーカー、メディア、インフルエンサーがいたために、このような事態になっているものだと思います。

 

その中でも、特に厄介なのがお医者さんの推薦です。

 

お医者さんの中には、

「日焼け止めを塗るのが苦手な人はこのサプリを飲みましょう」

と、通常の日焼け止めが必要ないかのような誤解を与える記載をしていることもあります。

 

推薦するのであれば、

「塗る日焼け止めを絶対に使いましょう。その上で、紫外線によるダメージをケアするサプリとして飲みましょう。」

 

くらいの表現にすべきであり、誤解を生じる広告表現は行政の指導が入ることを強く望みます。

 

まとめ

  • 飲む日焼け止めは炎症を抑える効果がある
  • 抗炎症効果は20分から30分に伸びるくらい
  • SPFに換算するとSPF1.5くらい
  • 美容サプリとしてはオススメ

 

飲む日焼け止めは、情報氾濫&誇大広告によって、正しい情報がわかりにくくなっています。

 

個人的には、これらのサプリは、日焼け止めをきっちり塗った上で、美容サプリとして飲むのはありだと思います。

 

ネーミングは、「夏向け美容サプリ」などの方がいいかな。



人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ




メルマガ登録200名様突破
「化粧品の成分ってよくわからない。化粧品に詳しくなりたい」

化粧品研究職を7年経験した私が、化粧品成分の働き、化粧品開発の流れ、広告に騙されない化粧品選びを学べる無料メルマガ講座を配信中。
また、不定期で皮膚科学研究の紹介、話題コスメ、その他お知らせも配信。

コスメ大好きな方、美容部員さん、OEM処方開発1年目、化粧品企画部門の方などからご好評頂いています。ぜひ登録してみてください。