化粧下地・日焼け止めで出やすい【白いポロポロ】のカスの原因と対策

実験中の女性

「化粧下地や、日焼け止めを塗った時に出るポロポロの白いカスってなんだろう?

オールインワンジェルを塗ったときも出るときがある。」

 

原因は、色々なサイトでその情報はありますが、角層うんぬんではなく、化粧品に含まれる高分子と粉体が主な原因です。

今回は、ポロポロの白いカスの原因の詳細と、対策についてまとめました。

 

日焼け止めの白いポロポロのカスが出る原因成分は?

日焼け止めや下地の白いポロポロのカスは、高分子や粉体が多い化粧品を塗布したときによく起こります。

特に、高分子と粉体が両方組み合わさると、白いポロポロが非常に出やすくなります。

高分子と粉体は、化粧下地、日焼け止め、オールインワンジェルにたくさん含まれていますので、これらを使ったときに出ることが多いです。

ちなみに、ピーリングゲルはこの原理を逆手にとって応用しています。(カチオン界面活性剤も入れていますが)

 

ここでいう高分子と粉体は、以下のものが代表として挙げられます。

分類 化粧品表示名称 医薬部外品表示名称
高分子 カルボマー カルボキシビニルポリマー
高分子 アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体
粉体 酸化チタン 微粒子酸化チタンなど
粉体 酸化亜鉛 酸化亜鉛、低温焼成酸化亜鉛など

 

日焼け止めで白いポロポロが出やすいスキンケア方法

例えば、よくポロポロが出やすいケースとして以下があります。

  • オールインワンジェル、下地、日焼け止めを塗った後に、肌に馴染んだ後も長い間肌にすりこむように塗布する。
  • オールインワンジェルを塗った後に、化粧下地や日焼け止めを塗る。

 

オールインワンジェルのようなジェル状の化粧品は、高分子がたくさん含まれており、馴染んだのちにしつこくすりこんでいると、ポロポロの塊となって出てきてしまいます。

 

同様に、化粧下地や日焼け止めも、上記のようなジェルタイプだと、粉体と高分子を含むので、ポロポロが出やすくなります。

 

また、ジェルを塗った後に、酸化チタンなどを含む化粧下地や日焼け止めを塗るときも、白いポロポロが出やすくなります。

 

日焼け止めの白いポロポロが出ないようにする対策

とはいえ、下地や日焼け止めは必須ですよね。

そこで、白いポロポロを出さないための対策をまとめました。

以下のどれかを守れば、比較的白いポロポロは出にくくなると思います。

  • 化粧下地や日焼け止めを塗る前のスキンケアは、粘度が低い化粧水、乳液を使う。
  • ジェル、化粧下地、日焼け止めを塗布した後は、こすり過ぎない。また、重ね塗りし過ぎない。
  • 化粧下地や日焼け止めは、粘度が低いローションタイプなどを使う。
  • 化粧下地や日焼け止めにおいて、ノンケミカルタイプは避ける。

 

まとめ

  • 日焼け止めや下地を使うときの白いポロポロのカスの原因は、カルボマーなどの高分子や、酸化チタンなどの粉体が組み合わさってできる。
  • 高分子はジェルなどの粘度が高いものに多く含まれ、粉体はノンケミカルの日焼け止めや化粧下地に多く含まれる。
  • ジェルを塗った後に、酸化チタンを含む日焼け止めや化粧下地を塗ると、ポロポロが出やすい。
  • 白いポロポロを出さないためには、ジェルなどの粘度が高い化粧品を使わない、強くこすり過ぎない、ノンケミカルの日焼け止めや下地を使わない。

 

以上、参考になれば幸いです。

 



人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ




メルマガ登録2000名様突破!(2020年4月現在)
「化粧品の成分ってよくわからない。化粧品に詳しくなりたい」

化粧品研究職を7年経験した私が、化粧品成分の働き、化粧品開発の流れ、広告に騙されない化粧品選びを学べる無料メルマガ講座を配信中。
また、不定期で皮膚科学研究の紹介、話題コスメ、その他お知らせも配信。

コスメ大好きな方、美容部員さん、OEM処方開発1年目、化粧品企画部門の方などからご好評頂いています。ぜひ登録してみてください。