【元化粧品研究職が監修】1400人が選ぶ日焼け止めランキングベスト5

日焼け止めランキング

元化粧品研究のすみしょうです。

 

今日は、YouTube視聴者様1400人のアンケートでまとめた、人気の日焼け止めランキングベスト5を紹介します。

 

やはりプチプラが強いですが、1位はあの商品でした!

 

各アイテムに私の感想と、私が選ぶならこれから〜というコメントもつけてますので、ぜひ日焼け止め選びの参考にしてください。

 

日焼け止めアンケートの結果概要

アンケートの方法、概要

アンケート方法
n=1421、「質問:好きな日焼け止めを教えてください。また、その理由も教えてください。」、YouTube視聴者によるオンラインアンケート、2020年5月21日〜22日実施。すみしょう調べ。

回答者の年代

回答者の年代は以下のようになりました。

20〜40代が中心ですね。

  • 10代が4%
  • 20代が27%
  • 30代が29%
  • 40代が25%
  • 50代が13%
  • 60代が2%

 

アンケート結果

項目 人数 割合
全体回答数 1421 100%
日焼け止めを使わない人 29 2%
日焼け止め使う人(下地やファンデ代用も含む) 1392 98%
内訳1:好きな商品がある人 958 67%
内訳2:特に好きな商品がない人 434 31%

 

1421名中、日焼け止めを使わない人は29人で2%でした。理由としては、肌トラブルが生じる、つけ心地が悪いなどでした。

 

日焼け止めを使っている人は1392人で98%でした。その中で特に好きな商品名を挙げてくれた方は、958人で67%でした。

 

特に好きな商品はない、あるいは探しているなどの人は434人で31%でした。

 

アンケート回答いただいた方、本当にありがとうございました。

 

【1400人回答】オススメの日焼け止めランキングベスト5

日焼け止め

すみしょうYouTube視聴者様1421人にアンケート回答いただき、好きな日焼け止めを教えてもらい、ランキングを作成しました。

 

商品名が書かれているときもあれば、ブランド名だけの記載もあったりしたので、ある程度まとめています。

 

第5位 ラロッシュポゼ トーンアップ UV他

ラロッシュポゼトーンアップUV
得票数 51
紫外線防御指数 SPF50+、PA++++
紫外線カット成分
  1. メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  2. 酸化チタン
  3. ドロメトリゾールトリシロキサン(メギゾリルXL、ロレアル独自、油溶性)
  4. テレフタリリデンジカンフルスルホン酸(メギゾリルSX、ロレアル独自、水溶性)
  5. ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
  6. ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  7. エチルヘキシルトリアゾン
容量・価格(税抜き) 30ml・3,400円
落としやすさ 石鹸で落とせる
口コミ
  • 敏感肌向けなのが良い
  • 下地効果が良い
全成分

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化チタン、スクワラン、グリセリン、ドロメトリゾールトリシロキサン、テレフタリリデンジカンフルスルホン酸、PG、変性アルコール、TEA、DPG、マイカ、ステアリン酸、セチルリン酸K

(以下、1%以下が確実な成分)

トコフェロール、ナイロン-12、(アクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、水酸化Al、BHT、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、BG、シアバター油粕エキス、カプリリルグリコール、カルボマー、セタノール、硫酸Ba、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、EDTA-2Na、エチルヘキシルトリアゾン、ステアリン酸グリセリル、イソヘキサデカン、ミリスチン酸、ボタンエキス、パルミチン酸、ステアリン酸PEG-100、フェノキシエタノール、ポリソルベート80、ソルビン酸K、塩化Na、ココイルサルコシンNa、オレイン酸ソルビタン、サーマスサーモフィルス培養物、トロメタミン、キサンタンガム

世界ナンバーワンのロレアルグループのブランドで、トーンアップ効果で自然な美肌に見せる効果があるのが人気ですね。

  • 敏感肌向けなのが良い
  • 下地効果が良い

というコメントが良くありました。

 

紫外線カット成分は、吸収剤がメインで散乱剤の酸化チタンも使われているパターンですが、全部で7種類配合しているのは多いですね。日焼け止めに拘っているところはかなり種類使っている印象はあります。

 

日焼け止めの研究といえば、ロレアルは世界でも有名です。UVAが光老化の原因であることに着目して研究を行っていました。紫外線カット成分も光安定性が高く、UVA防御効果のある成分を組み合わせています。

 

また、ニキビになりにくい処方として、認定されています。

 

「変性アルコール」という名称があるので、エタノールが配合されています。「変性」だからと言って、変なアルコールというわけではありません。

変性アルコールの主成分はエタノールですが、化粧品原料に使われるアルコールを、飲用のアルコールに転用しないように変性剤を微量配合したものです。

変性剤は、香り成分(ゲラニオール、酢酸リナリルなど)などが挙げられています。

変性アルコールは酒税がかからないので、原料コストを下げられます。最近では、アルコール事業法にのっとった申請をすれば、普通のエタノールが使えますので、日本メーカーではあまり使わないものですね。

 

すみしょう
シワやたるみを引き起こすUVAを防御する効果が高いと思いますので、光老化予防として日常使いに良さそうですね。O/Wの水ベース処方なので、ウォータープルーフ性は低そうですが石鹸で落としやすそう。アルコールに弱い方は避けた方が良いかもしれません。

 

第4位 ニベアサンプロテクトウォータージェル他

ニベアサンプロテクトウォータージェル
得票数 101
紫外線防御指数 SPF50+、PA+++
紫外線カット成分
  1. メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  2. エチルヘキシルトリアゾン
  3. ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
容量・価格(税抜き) 140ml・約840円
落としやすさ 石鹸で落とせる
口コミ
  • 塗りやすい
  • 塗り心地が良い
  • さらさら
全成分

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、PG、ジメチコン、エチルヘキシルトリアゾン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

(以下、1%以下が確実な成分)

カルボキシメチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、クインスシードエキス、キハダ樹皮エキス、ヒメフウロエキス、ジラウラミドグルタミドリシンNa、酢酸トコフェロール、BG、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、水酸化Na、BHT、メチルパラベン

水ベースでジェル状の日焼け止めです。紫外線吸収剤として最も良く使われているメトキシケイヒ酸エチルヘキシルですが、これの光分解しやすいデメリットを、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルで補うという基本に忠実な設計です。

 

感触はみずみずしく非常に伸ばしやすくて良いです。

 

エタノールも配合量が多そうですので、エタノールが苦手な方は避けましょう。

 

ウォータープルーフ性は低いと思いますので、汗をかいたりすれば、こまめに塗り直すことは必要でしょう。

 

カルボキシメチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、クインスシードエキスなどの高分子系保湿成分を配合しています。

 

ジラウラミドグルタミドリシンNaは珍しいですが、アニオン系の乳化・分散系界面活性剤だと思います。

 

すみしょう
感触がとにかく良いジェルタイプで、ふつうの洗顔などですっきり落とせます。私もたまにボディに使ってます。

 

第3位 スキンアクアトーンアップUVエッセンス ラベンダー他

スキンアクアトーンアップUVエッセンス
得票数 111
紫外線防御指数 SPF50+、PA++++
紫外線カット成分
  1. メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  2. 酸化チタン
  3. ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  4. ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
容量・価格(税抜き) 80g・1,000円
落としやすさ 石鹸で落とせる
口コミ トーンアップ効果が良い
全成分

水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、酸化チタン、ポリソルベート60、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

(以下、1%以下が確実な成分)

ヒアルロン酸Na、クダモノトケイソウ果実エキ ス、イザヨイバラエキス、リン酸アスコルビルMg、プルーン分解物、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、メタクリル酸メチルクロスポリマー、ジメタクリル酸グリコールクロスポリマー、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、アクリレーツコポリマー、(アクリレーツ/アクリル 酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、TEA、(アクリロ イルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、シリカ、PEG-12ジメチコン、ポリスチレン、ポリビニルアルコール、EDTA-2Na、キサンタンガム、アルミナ、BHT、合成フルオロフロゴパイト、酸化スズ、赤226、青1、香料

ロート製薬のラベンダー色の日焼け止めで、トーンアップで透明感が出ると人気です。

 

私もラベンダーの日焼け止め3種を比較して、2位に選んでましたが、伸びが良く、感触もべたつきにくく、使いやすかったです。総合的にパラソーラという日焼け止めの方がよかったですが。

 

UVBカットは、紫外線吸収剤でおなじみのメトキシケイヒ酸エチルヘキシルと、散乱剤として有名な酸化チタンの組み合わせです。

 

そして、UVAカット効果を上げるために、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンを組み合わせて、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルの光分解を抑える処方をしっかりとされている感じです。

 

第2位 ビオレ アクアリッチウォータリーエッセンス、アスリズムスキンプロテクトエッセンス他

アクアリッチウォータリーエッセンス

アクアリッチウォータリーエッセンス
得票数(ビオレ全体) 146
紫外線防御指数 SPF50+、PA++++
紫外線カット成分
  1. メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  2. エチルヘキシルトリアゾン
  3. ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  4. ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
容量・価格(税抜き) 50g・1,000円
落としやすさ 石鹸で落とせる
口コミ
  • 塗りやすい
  • 塗り心地が良い
  • さらさら
アクアリッチウォータリーエッセンス全成分

水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エチルヘキシルトリアゾン、パルミチン酸イソプロピル、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、水添ポリイソブテン

(以下、1%以下が確実な成分)

ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、パルミチン酸デキストリン、BG、キシリトール(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ジメチコン、安息香酸アルキル(C12-15)、グリセリン、ステアリン酸グリセリル、プロパンジオール、ベヘン酸グリセリル、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、セタノール、カンテン、ジステアリン酸ソルビタン、イソセテス-20、ポリビニルアルコール、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ステアロイルグルタミン酸、アルギニン、水酸化K、水酸化Na、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸Na、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、BHT、香料

 

ミクロディフェンス処方と呼ばれる、肌のキメにも隙間なく紫外線カット成分を埋めるようになっているようです。

 

花王のホームページによると、それのキー成分が、ベヘン酸グリセリル、ジステアリン酸ソルビタンという成分ですね。どちらも非イオン製界面活性剤で、乳化などに使われますが、この日焼け止めには、紫外線カット成分をカプセルにする成分として使われているとのこと。

 

水ベース処方なので、ウォータープルーフ効果は弱いと思ったのですが、公式ページでは80分の耐水性試験を行ってクリアしているようです。

 

また、ノンコメドジェニック試験を行い、ニキビになりにくい処方となっています。

関連記事:ノンコメドジェニック試験とは?

 

去年から私も使ってますが、使用感は軽くてみずみずしく、石鹸でも普通に落とせる感じが気に入ってます。本当に落ちているかはわかりませんが・・・。

 

また、価格が1000円程度なのが嬉しいですね。

 

関連記事:【元研究者が解析】アクアリッチウォータリーエッセンスのレビュー

 

アスリズム スキンプロテクトエッセンス

アスリズム スキンプロテクトエッセンス
得票数(ビオレ全体) 146
紫外線防御指数 SPF50+、PA++++
紫外線カット成分
  1. メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  2. エチルヘキシルトリアゾン
  3. ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  4. ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
容量・価格(税抜き) 70g・1,200円
落としやすさ 石鹸で落とせるとあるが、落ちない場合は2度洗いという記載もあり。
口コミ
  • さらさら
  • 密着感がある
  • 使用感が軽い

 

ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス全成分

水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エチルヘキシルトリアゾン、パルミチン酸イソプロピル、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、水添ポリイソブテン、アクリレーツコポリマーNa

(以下、1%以下が確実な成分)

ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、パルミチン酸デキストリン、BG(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、安息香酸アルキル(C12-15)、グリセリン、プロパンジオール、水酸化K、ベヘン酸グリセリル、ヒドロキシエチルセルロース、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、プルラン、セタノール、ジステアリン酸ソルビタン、ステアロイルグルタミン酸、アルギニン、EDTA-2Na、BHT、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸Na、フェノキシエタノール、香料

 

アスリズムエッセンスの方は、メインの成分はアクアリッチウォータリーエッセンスと全く同じ成分が使われています。

 

アスリズムは、それにプラスして高温多湿でも落ちにくい工夫をしているような処方のようです。

 

違う点といえば、アクリレーツコポリマーNaが割と配合されてそうなところ。ですがこれは水溶性ポリマーなので、耐水性は付与できないと思うので、他にも秘密があるのかもしれません。

 

それと、ニキビになりにくい処方です。

 

また、ウォーターリッチエッセンスと違って、「石けんなどで落ちない場合は2度洗いしてください」とあることから、ウォータープルーフ効果も高そうです。

 

第1位 アネッサパーフェクトUVスキンケアミルク、他

アネッサパーフェクトUVスキンケアミルク

得票数 153
紫外線防御指数 SPF50+、PA++++
紫外線カット成分
  1. 酸化亜鉛
  2. メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  3. オクトクリレン
  4. サリチル酸エチルヘキシル
  5. ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  6. 酸化チタン
  7. ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
容量・価格(税抜き)
  • 20ml・1,200円
  • 60ml・3,000円
落としやすさ 石鹸で落とせるとあるが、微妙なところだと思います。
口コミ
  • 日焼け止め効果
  • さらさら感
  • 汗で流れない

 

全成分

水,ジメチコン,酸化亜鉛,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,シクロペンタシロキサン,タルク,メタクリル酸メチルクロスポリマー,エタノール,セバシン酸ジイソプロピル,イソドデカン,オクトクリレン,PEG/PPG-9/2ジメチルエーテル,コーンスターチ,サリチル酸エチルヘキシル,ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル,酸化チタン,PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,グリセリン,ミリスチン酸イソプロピル,トリ酢酸テトラステアリン酸スクロース,シリカ,ポリシリコーン-15,トリメチルシロキシケイ酸,ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン,塩化Na,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル

(以下、1%以下が確実な成分)

グリチルリチン酸2K,チャエキス,トルメンチラ根エキス,アセチルヒアルロン酸Na,水溶性コラーゲン,PPG-17,パルミチン酸デキストリン,イソステアリン酸,トリエトキシカプリリルシラン,ジステアルジモニウムヘクトライト,水酸化Al,ステアリン酸,PEG-6,BHT,トコフェロール,EDTA-3Na,BG,(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー,ピロ亜硫酸Na,ジステアリルジモニウムクロリド,エーデルワイスエキス,フェノキシエタノール,香料

 

資生堂のアネッサです。金のアネッサとも呼ばれ、焼きたくないならアネッサというイメージも多いと思います。

コメントでも、好きな理由が「日焼け止め効果が高い」という理由がかなり多かったです。

 

水がいちばん多いですが、W/Siベースと呼ばれるシリコーン系がベースの日焼け止めですね。

 

汗や熱によって、日焼け止めの皮膜が逆に強くなり、とれにくくなるという技術が搭載されているようです。

 

特許を見ると、ステアリン酸などの脂肪酸が、汗や海水のミネラルと反応して、金属石鹸の膜を作ることで、耐水性皮膜をつくっているのかなと思います。

 

エタノールはそれなりに入っていると思いますし、紫外線吸収剤が苦手な方は避けた方が良いかもしれません。

 

耐水性は高いけども、石鹸で落ちるらしいのですが、落ちたかどうかを目で見て判断するのは難しいので、よくわかりません。

 

しかし、使用感はめちゃくちゃサラサラで、怖いくらいべたつかないですね。日焼け止めが嫌いな私でも使いやすいと思っています。

 

また、ニキビになりにくい処方となっています。

 

すみしょう
皮脂を吸着してくれるので、オイリー肌で、皮脂崩れしやすい人が下地として使うのも良さげです。

この中から選ぶなら?

私としては、日常使いと海用に2つを使い分けるのが良いかなと思っております。

 

日常使いは、普段の洗顔やクレンジングで落としやすそうなもので、海では日焼け止め効果が高いものですね。

 

石鹸で落とせるを訴求していても、実際は結構洗わないと取れないこともあります。

 

  • 日常使い→ビオレウォータリーエッセンス、ラロッシュポゼ、ニベア
  • 海使い→アネッサ、ビオレアスリズム

 

こんな感じでしょうか。

 

ラロッシュは最近注文したので、使用感が悪ければ意見を変えます。



人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ




メルマガ登録4000名様突破!(2020年7月現在)
「化粧品の成分ってよくわからない。化粧品に詳しくなりたい」

化粧品研究職を7年経験した私が、化粧品成分の働き、化粧品開発の流れ、広告に騙されない化粧品選びを学べる無料メルマガ講座を配信中。
また、不定期で皮膚科学研究の紹介、話題コスメ、その他お知らせも配信。

コスメ大好きな方、美容部員さん、OEM処方開発1年目、化粧品企画部門の方などからご好評頂いています。ぜひ登録してみてください。

4 件のコメント

  • アネッサの日焼け止めを使用してますが、少し経つと顔が痒くなってしまいます。
    使用前には化粧水やオールインワン(アクアレーベル)を使いその後にアネッサを塗ってからメークしてます。
    たまたまかと思い数回このやり方でメークをしてますが、必ず痒くなります。
    以前、ドクターシーラボのBBも同じことが起きて使用をやめました。
    何か共通した成分が合わないのでしょうか?
    そのような場合はどの成分を試してみると良いのか教えていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

    • 日焼け止めやBBクリームには紫外線吸収剤、防腐剤、エタノールなどが含まれることが多いので、その辺りがフリーのものを選ぶなども1つかと思います。
      それでも改善しないなら別の成分を疑っていく感じですね。

  • 女性向けコスメ情報で評価の高いラロッシュを使っています。価格が高めですが、正直ドラストで買える日焼け止めと違いがわかりませんでしたので参考になりました。ラロッシュの日焼け止めはその上に下地とメイクを重ねると、化粧崩れがひどい気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください