ニベアに白い粉「ビタミンC」を混ぜるとシミが消えるってホント?

ニベアの青缶は、ワセリン等を含み、水分蒸散を防ぐ効果に優れているので、ハンドクリームとしてはもちろん、顔に塗ってもかなり優秀な保湿クリームです。

 

一方で、ニベアに白い粉を混ぜるとシミが消える、という噂が存在します。

 

調べると、白い粉の正体はビタミンCパウダーのビタブリッドCという商品であることがわかりました。

 

すみしょう
果たして、この商品の効果は本当か、研究職目線で考察しました。

 

結論は、

  • シミが瞬時に消えることはない
  • ビタブリッドCはシミ予防効果が期待できる
  • ビタブリッドCは保存安定性は高い
  • ビタブリッドCは水で湿らすか、ニベアのようなクリームに混ぜるのが効果的
  • 普通のビタミンCパウダーでも代用できそう

 


ニベアの青缶は優れた保湿クリーム

ニベア青缶

まず、ニベアの青缶についておさらいです。

 

ニベアの青缶は、超高級クリームの「クレームドゥラメール」の比較実験で、ニベアが良かったという記事もあり有名で人気の商品です。

 

ニベアは、ハンドクリームとして使われることが多いですが、水分蒸散量抑制効果の高いワセリンなどを使っているW/Oクリームなので、保湿クリームとして超優秀です。

 

感触はちょっと重たくてべたつくのがネックです。

 

ニベアに混ぜたらシミが消えるとされる白い粉はビタミンC

パウダー

本題です。

 

ニベアに白い粉を混ぜるとシミが消えるとされていますが、その粉の正体は「ビタミンCのパウダー」でした。

 

たしかに、普通のビタミンC(別名:アスコルビン酸)は抗酸化力が高く、シミやシワにも有効です。(化粧品だとシミに効くとはいえませんが)

 

しかし、普通のビタミンCは、非常に不安定な成分であるという問題がありました。

 


安定なビタミンCパウダーが登場

そこで登場したのが「ビタブリッドC」というビタミンCを安定化したパウダー。

ビタブリッドCパウダー

このビタブリッドCは、ビタミンCを特殊な酸化亜鉛に挟みこむことで、安定性を保ち、水に溶かしても安定で、徐々に皮膚に溶出してくるという特徴があるとのこと。

 

全成分はこのようになっています。

ビタブリッドCフェイスブライトニング全成分

アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、アセチルグルコサミン、ナイアシンアミド、セリン、ベタイン、加水分解コラーゲン、アデノシン、水、アラントイン

引用:ビタブリッドC公式ホームページ

 

これが本当ならば、顔に塗る前にニベアに混ぜて顔に塗ることで、ビタミンCが徐々に肌に染み出し、安定的に肌に届けることが可能になるのかもしれません。

 

しかし・・・。

 

ビタブリッドCに本当に効果があるのでしょうか。

 

ビタブリッドCの商品ページには、その効果について、論文に掲載されたという情報がありましたが、リンクが貼られているわけでもなかったので、正直、怪しんでいました。

 

そこで、ビタブリッドCの論文を検索し、ようやく見つけたので、紐解いてみることにしました。

 

ビタブリッドCの効果は?論文で検証

実験中の女性

ビタブリッドCに一体どんな効果があるのか、論文を発見したので、ポイントをご説明します。

 

基本的に、普通のビタミンCパウダーと、ビタブリッドCを比較した実験が掲載されていました。

 

抗酸化力

ビタブリッドCの抗酸化力

出典:Efficient Transdermal Penetration and Improved Stability of L-Ascorbic Acid Encapsulated in an Inorganic Nanocapsule

 

ビタミンCといえば抗酸化力に優れることで有名です。

 

ビタブリッドCにもそのような抗酸化力があるかを実験しています。

 

ドーパオキシダーゼ活性阻害効果、DPPHラジカル消去試験という方法で試験した結果、ビタブリッドCは、ビタミンCと同等の抗酸化力があることがわかりました。

 

安定性

ビタブリッドCの安定性

出典:Efficient Transdermal Penetration and Improved Stability of L-Ascorbic Acid Encapsulated in an Inorganic Nanocapsule

 

ビタミンCは抗酸化力は高いですが、不安定であり、空気や水に含まれる酸素の影響ですぐに分解することが知られています。

 

結果は、42℃の4週間での水溶液中で、、、

  • 普通のビタミンC(グラフのb)は、90%ほど分解
  • ビタブリッドC(グラフのa)は、ほとんど分解されない

 

ビタブリッドCの方が圧倒的に安定性に優れる結果でした。

 

普通のビタミンCは湿気でも分解しますが、ビタブリッドCなら分解しにくい。この点は保存安定性に優れていると言えます。

 

ただ、肌の上でのビタミンの安定性を考えた時、肌に乗っているのってせいぜい1日くらいで、あとは角層に浸透するか、剥がれ落ちるかです。

 

そのような短い期間では、安定性に差がないのではと思います。

 

徐放性

ビタブリッドCの徐放性

出典:Efficient Transdermal Penetration and Improved Stability of L-Ascorbic Acid Encapsulated in an Inorganic Nanocapsule

徐放性とは、肌に塗った時にビタミンが徐々に放出されていくスピードを表します。

 

ビタブリッドCは、酸化亜鉛の中にビタミンCが取り込まれているような形をしているそう。

 

なので、酸化亜鉛に取り込まれたままだと効果が出ないですが、水に濡らした時に、12時間かけて徐々にビタミンCが染み出してくることが確認されています。

 

この効果を、ビタミンC12時間パックと言ってますね。

 

これがそんなに優れているのかは疑問です。

 

皮膚への浸透性

ビタミンCの皮膚浸透性

出典:Efficient Transdermal Penetration and Improved Stability of L-Ascorbic Acid Encapsulated in an Inorganic Nanocapsule

 

ビタミンCとビタブリッドCで、皮膚への浸透性を確認した実験です。

 

フランツ拡散セルという実験器具を用いて、マウスの皮膚で実験した結果、1>2>3の順で皮膚浸透に優れる結果となりました。

  1. ビタブリッドCを水で湿らせて塗布
  2. ビタブリッドCをW/Oエマルション(ニベアのようなクリーム)と混ぜて塗布
  3. 一般的なビタミンCをO/Wエマルション(一般的なクリーム)と混ぜて塗布

 

つまり、ビタブリッドCは、少量の水で湿らせるか、ニベアのようなW/Oエマルションクリームに混ぜて使うのが良さそうです。

 

ただ、この実験では、普通のビタミンCをちょっと濡らしたものと、W/Oエマルションに入れた場合の実験データがないんですよね。

 

もしかしたら、普通のビタミンCパウダーでも同じくらいの結果になるのかもしれません。

 

ビタミンCパウダーやビタブリッドCの安全性は?

ビタミンCパウダーやビタブリッドCの安全性はどうなのということですが、安全性については注意した方がいいですね。

 

特に敏感肌の人は使わない方がいいと思います。

 

ビタブリッドCの安全性については詳細不明でしたが、ビタミンC(アスコルビン酸)パウダーは、ピリピリしたりするのはよく知られています。

 

普通の化粧品に配合されるビタミンC誘導体は数%程度ですが、パウダーを直前に混ぜるタイプだと、10〜50%ほどの濃度で肌に塗布するものと思われます。

 

なので、ビタブリッドCなどのビタミンCパウダーを使う際は、事前にパッチテストなどで、ピリピリする可能性を十分確かめて使う方がいいです。

 

ニベアにビタミンCパウダーを混ぜたらシミが消えるのか?

ビタミンCパウダーやビタブリッドCパウダーで、急にシミが消えることはないと思います。

 

というか、化粧品で急にシミが消えるという商品は疑った方がいいです。

肌に穏やかなものしか化粧品にならないですし、シミを消すなら、美容皮膚科でレーザー等じゃないと厳しい。

 

ですが、継続的に使うことで、これからできるシミを作らせない予防効果は期待できます。

 

シミを予防する効果は、普通のビタミンCパウダーでも可能ですが、ビタブリッドCの方が、保存安定性が高いので、分解されるリスクが少ないのがいいところだと思います。

 

ビタミンCパウダーの効果的な保管方法

ビタブリッドCの値段が高いと思う方は、普通のビタミンCパウダーでも良いと思います。

 

DHCから発売されていたと思います。

 

しかし、ビタミンCは水に弱く、湿気で分解しやすいです。

 

なので、保管時はシリカゲルを使って湿気を除去して保存した方が長持ちすると思います。

 

下の図の右側「シリカゲル」を使うと、かなり低い湿度に保たれることがわかります。

シリカゲルで保存したときの湿度

引用:東和産業株式会社 湿気から守る!保存容器での食品保管方法について

 

ビタミンCパウダーを購入したら、このようにシリカゲルを活用して保管しましょう。

 

それにしても、カバのシリカゲルって可愛いですね。

 

まとめ

  • シミに効果のある噂の白い粉はビタブリッドC
  • ビタブリッドCは水分により分解されにくい
  • ビタブリッドCは安全性に注意しながら使う

 

ビタブリッドCは、即効性はないと思いますが、これからできるシミを予防する効果はあると思います。

 

なお、高濃度のビタミンCはピリピリする可能性がありますので、使い始めはパッチテストをするなど、様子を見ながら使用することをオススメします。

2 件のコメント

  • はじめまして、手作りVC化粧品について質問したいのですが。YOU TUBEで手作りビタミンCセラムとして紹介されていたVCパウダー、亜鉛(液体) チロシンパウダーで作ったのですが、ヒリヒリして使えません。VC3.6g 亜鉛0.3㌘、チロシン1.5㌘を水で溶いて30mlにしたのですが、ヒリヒリするので、薄めて使ってもヒリヒリ 。 材料が沢山あるので、これらの材料をニベアと混ぜて使ってもいいものでしょうか?

    • はじめまして。Youtubeもご覧いただきありがとうございます。
      ヒリヒリする場合はそれらの成分がお肌にあってない可能性が高いです。
      そのため、ニベアに混ぜたとしても同じことが起こる可能性がありますので、
      個人的には使うのを思い切って辞めた方が良いのではと考えます。
      以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください