リポタッチフェイスセラムはステマ?効果と成分解析も【プロが解説】

リポタッチ

元化粧品研究職のすみしょう(@smishow01)です。

リポタッチという商品の反響がよすぎるためか、ステマじゃないの?と疑われているようです。

 

そこで、化粧品研究職であった知見をもとに、中立な立場でリポタッチの効果や成分を解析することとしました。

 

ステマ疑惑についても考察してます。

 


リポタッチフェイスセラムとは?

リポタッチフェイスセラムの特徴をざっくりいうとこんな感じ。

  • LDKのコメンテーターもしている篠崎さんプロデュース
  • 口コミ評判が良い美容液
  • 30mlで9000円弱

 

リポタッチフェイスセラムは、ハリウッド大学大学院客員教授の篠崎さんという方がプロデュースしています。

 

篠崎さんはツイッターで美容情報を発信したり、人気雑誌LDKでのコメンテーターもやられている方ですね。

 

リポタッチはステマなのか?考察してみた

リポタッチはステマじゃないか?と疑われています。

 

この噂があるのは、おそらく大手化粧品口コミサイト@コスメに、ほとんど口コミが乗っていないのに、ツイッター上ではやたら評価が高いからです。

 

しかし、個人的にはステマではないと思います。

 

後ほど解説しますが、リポタッチの処方はシンプルにも関わらず、かなりぜいたくな成分をたっぷり配合し、考え抜かれた処方になっていますので、評判が良いのにも納得できるから。

 

また、私も実際に、ツイッターで開発者の篠崎さんとコメントのやりとりをしましたが、誠実ですし、信頼がおける方でした。

 

ちなみに私と篠崎さんはなんの利害関係もありませんw

 


リポタッチフェイスセラムの効果

リポタッチの効果を、アマゾンの商品ページから抜粋しました。

まとめると、以下。

  • 高保湿
  • 化粧ノリが良くなる
  • ナイアシンアミド4%配合

 

化粧水のようにゆるゆるの見た目なので、さっぱりした感じに見えると思いきや、かなり保湿感たっぷりなんだそうです。

 

さらに、化粧ノリが良くなるとのこと。

これだけ塗れば、これまでの化粧水、美容液はいらないような感じですね。

 

また、ナイアシンアミド4%というのが結構凄い。

 

ナイアシンアミドは古くから使われている成分で、肌荒れ防止、美白、シワなどが期待できる成分でコーセーなど大手メーカーもよく使ってます。

 

リポタッチは化粧品で医薬部外品ではないので、公には訴求できないですが、そういう可能性も秘めていますね。

 

リポタッチフェイスセラムの成分解析

では、1つ1つ成分を見ていきます。

配合率は私の個人的な推測ですので、悪しからず。

成分 分類・目的・効果 推定配合量
ベース 80%以上
BG 保湿、2価アルコール 10%
グリセリン 保湿、3価アルコール 5%
ナイアシンアミド 保湿(肌荒れ防止) 4%
イソステアリルグリセリル 感触改良、油性成分 1%
水添レシチン 保湿、界面活性剤(リポソーム) 1%以下
ペンチレングリコール 保湿、2価アルコール 1%以下
糖脂質 保湿、油性成分(リポソーム) 1%以下
ヒアルロン酸Na 保湿、高分子 1%以下
コレステロール 保湿、油性成分(リポソーム) 1%以下
カンゾウ根エキス 肌荒れ防止 1%以下
ポリクオタニウム-51 保湿、生体適合性高分子 1%以下
グリチルリチン酸2K 肌荒れ防止 1%以下
メチルパラベン 防腐 1%以下
エチルパラベン 防腐 1%以下
フェノキシエタノール 防腐 1%以下

 

基本処方は、以下のような感じです。

  • 保湿成分
  • 肌荒れ防止成分
  • 防腐剤

 

かなり特徴ある成分を使っており、個人的にも好きな成分がたくさん入ってますので、注目成分をピックアップしますね。

 

ナイアシンアミド、カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2K

ナイアシンアミドはビタミンBの一種であり、ニコチン酸アミドとも言われます。

 

ナイアシンアミドは古くから使われるで、肌荒れ防止効果がある成分です。

 

カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2Kは甘草という植物から得られる成分で、同様に肌荒れ防止効果があります。

 

この3つを配合しているということで、徹底的な肌あれ防止を狙っているのだと感じました。

 

そして、ナイアシンアミドを4%配合は、かなりの高配合です。

 

粉の原料を4%も入れると、感触が悪くなりそうですが、それを他の成分で上手くカバーしているのでしょう。

 

水添レシチン、糖脂質

水添レシチンは、リン脂質とも呼ばれ、リポソームというカプセルを作るのによく使われる成分です。

 

リポソームは、たまねぎのような構造をしており、油性成分のような水に溶けない成分を運ぶのに優れた成分です。

リポソームの構造

出展:コーセーホームページ

 

水添レシチンだけでも保湿効果があり、肌の柔らかさを付与しますが、美容成分である、糖脂質を包み込んでいるものと思います。

 

糖脂質は、セラミド類似成分で、肌のバリア機能を高める成分。

 

糖脂質は水に溶けないので、化粧水のような製剤には配合できないのですが、さきほどのリポソームカプセルで包み込むことで、安定的に配合でき、肌に届けることが可能になっています。

 

この水添レシチンと糖脂質があらかじめ混合した原料として、日本精化のフィトプレソームMELがあるので、これを配合しているものと推定しています。

フィトプレソームMEL

出展:日本精化フィトプレソームMEL

 

ポリクオタニウム-51

ポリクオタニウム-51は、リン脂質ポリマーであるリピジュアという原料が有名です。

 

化粧品原料メーカーの日油の原料です。

ポリクオタニウム-51

出展:日油株式会社コスメティックラウンジ

 

低刺激かつ高保湿、コンタクトレンズの保存液などにも使われている成分です。

 

ポリマーの膜がなめらかな肌をつくり、化粧ノリ効果にも効いているのではないかと思います。

 

大手メーカーも結構配合しており、私も研究職時代はよくお世話になった成分です。

 

さいごに

このように、リポタッチは、肌あれ、低刺激、をキーワードにした成分構成で、私的には非常に良さげな美容液だと感じました。

 

シンプルケアが好きな方は、試してみる価値がありそうです。

 

久々に使ってみたい化粧品なので、使ってみたら使用感などもレビューしたいと思います。

 


すみしょう的におすすめな商品まとめ

今現在、どんな肌質の方にもおすすめできるのは、オルビス ディフェンセラというトクホ食品です。

肌のバリア機能に着目し、うるおいを逃がしにくくする効果が期待されます。劇的な効果実感は薄いものの、皮膚科学的に理にかなっており、普段のスキンケアにプラスαで取り入れるのはアリです。

以下、私の解析&使用感レビューです。

→オルビスディフェンセラの解析&使用レビュー

オルビスディフェンセラを3ヶ月飲んだ私がその効果を口コミ【元化粧品研究が語る】

2019.10.05

メルマガ登録200名様突破
「化粧品の成分ってよくわからない。化粧品に詳しくなりたい」

化粧品研究職を7年経験した私が、化粧品成分の働き、化粧品開発の流れ、広告に騙されない化粧品選びを学べる無料メルマガ講座を配信中。
また、不定期で皮膚科学研究の紹介、話題コスメ、その他お知らせも配信。

コスメ大好きな方、美容部員さん、OEM処方開発1年目、化粧品企画部門の方などからご好評頂いています。ぜひ登録してみてください。

5 件のコメント

  • 初めまして。
    twitterからこちらにたどり着きました。
    同職とでも申し上げておきます。

    さすがに、経験者の方ならではと感じる解析ですね。
    ユーザーさんも大変参考になることでしょう。

    一点だけツッコミどころがあるとすれば、Presomeの配合量でしょうか。
    なぜなら、この素材は「ポン添」(水にポンと添加するだけ)で微添にしてそれらしい謳い文句にできるため、です。
    今時はブログユーザーさんから、「あのPresomeは何%くらい配合されてるでしょう?」などと質問がきたりしますものね(苦笑)

    製剤技術力が問われる素材となると、同じPresomeでもプレミックスでない複合体ですし、これは高配合が可能になりますから。

    何かのご参考になればと思います。
    突然、失礼致しました。

    • 貴重なご意見ありがとうございます!そうですね、配合量については正直解析は難しいですよね。
      なのであくまで個人的な推察になります。
      ポン添という表現は初めて聞きました!私はプレミックスを微添と言ってました(笑)

  • 初めまして、Youtubeを拝見してこちらに来ました。
    ナイアシンアミド配合の美容液は私も使用しているのですが値段が格段に違うので私の使っている商品は大丈夫なのかと心配になりました。
    私の使用中の美容液はナイアシンアミド10%配合、亜鉛1%配合を謳っています。
    全成分は次のとおりです。
    アクア(水)、ナイアシンアミド、ペンチレングリコール、亜鉛PCA、ジメチルイソソルビド、タマリンダスインディカシードガム、キサンタンガム、イソセテス-20、エトキシジグリコール、フェノキシエタノール、クロルフェネシン。
    値段は60mlで¥1000くらいです。
    やはり化粧品はある程度のお金はかけないといけないものでしょうか?

    お返事いただけると幸いです。

    • コメントありがとうございます。The Oridinaryはカナダ発のブランドですよね。そんなに安いんですね!

      訴求が本当なのであれば、ナイアシンアミドの効果としてはリポタッチより良いかもしれません。現在お使いのもので調子が良ければそのままで良いと思います。

      リポタッチはナイアシンアミド配合以外にも、高保湿系のリポソーム成分、化粧ノリが良くなる工夫もされているとのことで、その辺りの技術料も含めて高くなっていると推察されます。

      • すみしょうさん、
        早速のお返事ありがとうございます。
        ブランド名書いてないのに分かってしまうのはすごいですね。
        すみしょうさんの説明は分かりやすくて、お医者さんのお話を聞いている気がして楽しいです。

        ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください