菊正宗化粧水はどんな効果がある?元コスメ研究職が成分解析して検証

菊正宗といえば日本酒のメーカーですが、菊正宗 日本酒の化粧水高保湿という化粧水が、SNSを発端に大ヒットしています。

 

ネット上では、ニキビ、シミ、アトピーにまで効果的という口コミがありますが、果たして本当でしょうか。

 

すみしょう
元化粧品研究職7年の知見をもとに成分解析し、効果の真相を検証しました。

 

「菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿」の成分解析

菊正宗化粧水成分表示

 

化粧品の成分は配合量順に並べる必要があります。

ただし、1%以下の成分は順不同です。

 

解析の結果は、以下です。

成分 目的 隠れた効果 推定配合率(%)
ベース 80
グリセリン 多価アルコール、保湿 9
BG 多価アルコール、保湿 5
コメ発酵液 日本酒(純米大吟醸)アミノ酸、エタノール含有、保湿 美白 5
グルタミン酸 アミノ酸、保湿 美白 約0.04%
アルギニン アミノ酸、保湿
ロイシン アミノ酸、保湿 美白
セラミド3 ヒト型セラミド、保湿 1%以下
セラミド6II ヒト型セラミド、保湿 1%以下
プラセンタエキス ブタ由来、保湿 美白 1%以下
アルブチン コケモモ由来、整肌 美白 1%以下
グリチルリチン酸2K 甘草由来、整肌 抗炎症 1%以下
ダイズタンパク セラミドの付随成分 1%以下
マルチトール 還元糖、保湿 1%以下
メチルグルセス-10 糖系保湿剤、保湿 1%以下
PEG-60水添ヒマシ油 非イオン性界面活性剤、香料の可溶化 1%以下
ヒドロキシエチルセルロース 高分子、粘度調整 1%以下
(スチレン/アクリル酸アルキル)コポリマーNa 高分子、白濁 1%以下
クエン酸 pH調整 1%以下
クエン酸Na pH調整 1%以下
フェノキシエタノール 防腐 1%以下
メチルパラベン 防腐 1%以下
香料 香り 1%以下

 

電子レンジで水分を蒸発させる実験を行ったところ、10gの化粧水に対して1.4gほど残ったので、だいたい14%くらいの保湿成分だと考えられます。

 

なので、水とコメ発酵液で85%くらいかなと思いました。

菊正宗化粧水を手のひらでとった様子

ちなみに、若干濁っているのは、(スチレン/アクリル酸アルキル)コポリマーNaという成分です。

濁らせることで、保湿感を演出しています。

 

アミノ酸を日本酒一升瓶と同じくらい配合

公式ホームページには、日本酒の化粧水1本のアミノ酸含有量は、日本酒一升瓶と同じくらい配合と記載されています。

 

化粧水にどれくらい配合されているのか計算してみました。

 

使う数字は以下です。

  • 菊正宗で売っている純米大吟醸はアルコール16%
  • 1升の体積は1.8L
  • 16%のアルコール水の比重は0.98(参考文献
  • 純米大吟醸1.8Lは1.76kg
  • 吟醸酒のアミノ酸含有量は約1200ppm=0.12%(参考文献
  • 純米大吟醸に含まれるアミノ酸は1.76kg×0.12%=0.2g

 

日本酒の化粧水は500gなので0.2g/500g×100=0.04%

 

ということで、日本酒の化粧水には0.04%ほどのアミノ酸が配合されていると推定されました。

 

肌がもともと持っている保湿成分であるアミノ酸をたっぷり配合しているのは、良いと思います。

 

エタノールは配合されている?

コメ発酵液を含んでいるため、表示名称にはないですが、エタノールが微量含まれると思います。

メーカーにも問い合わせてみましたが、やはり、醸造過程で1%未満で入ってくるようです。

 

このような成分をキャリーオーバー成分と言い、記載するかどうかはメーカー判断によります。

 

ただ微量なのでほとんど刺激にはならないと思います。

 

私はエタノールで肌が赤くなるたちなのですが、こちらの化粧水は大丈夫でした。

 

ニキビ、しみ、アトピーに効果のある成分は?

疑問

成分解析の結果、口コミであったようなニキビ、シミ、アトピーなど効果が期待できそうなのは、以下の成分ですね。

  • コメ発酵液・・・美白(シミ)
  • セラミド・・・バリア能アップ(アトピー)
  • プラセンタエキス・・・美白(シミ)
  • アルブチン・・・美白(シミ)
  • グリチルリチン酸2K・・・抗炎症(ニキビ)

 

しかし、いくら効果がある成分とはいえ、配合量が少ないと意味がないので、どれくらいの濃度が入っているかがポイントとなります。

 

セラミド3、セラミド6Ⅱ

化粧水を塗る女性

これらは、肌のバリア機能を高め、肌から水分を逃しにくくする保湿成分です。

アトピー肌の人はセラミドが少ないということが知られていますので、セラミドケアはアトピーに有効です。

 

しかし、セラミドは、水に非常に溶けづらいため、一般的にはクリームなどにしか安定配合できません。

なので、セラミド類は超超微量配合と考えられ、アトピーに効果があるほどではないと考えられます。

 

コメ発酵液

日本酒

コメ発酵液が、この化粧水の一番の特徴成分です。要は日本酒のことですね。

 

さて、コメ発酵液には、たくさんの美容成分が含まれますが、美白が期待できる代表的な成分として2つが考えられます。

  • コウジ酸
  • フェルラ酸

 

コウジ酸は、日本酒をつくるための「麹(こうじ)」から見つかった美白成分です。

 

日本酒をつくる杜氏の手が綺麗なのは、この成分のおかげとも言われており、三省製薬やコーセーの美白化粧品に有効成分として配合されています。

 

一方、フェルラ酸は、コメヌカに主に含まれる美白・抗酸化が期待される成分です。

 

ただ、コウジ酸やフェルラ酸は、主に、麹や米ぬかに含まれており、コメ発酵液にはわずかしか含まれないと考えられます。さらに配合量は5%程度と思われますので、参考程度にしておきましょう。

 

プラセンタエキス・アルブチン

雪

プラセンタエキスは豚などの胎盤からとれるエキス、アルブチンはハイドロキノンにグルコースをくっつけた構造の化合物です。

 

医薬部外品では、どちらも美白有効成分として認められています。

 

成分の並び順をみると、超微量配合のセラミドより後ろに書いてますので、必然的に、プラセンタエキスもアルブチンも1%以下です。

 

美白効果もわずかに期待できるかもです。

 

グリチルリチン酸2K

甘草

グリチルチリン酸2Kは、甘草という植物由来の成分から合成して作られ、抗炎症成分として医薬部外品の有効成分としてよく使われます。

 

ニキビの炎症にも効果的です。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、医薬部外品では0.05%程度から有効と考えられています。

 

詳しい配合量はわからないですが、ニキビに対しては多少効果があるかもしれませんが、ちょっとわからないですね。

 

菊正宗の日本酒化粧水の効果まとめ

菊正宗の日本酒化粧水高保湿の効果をまとめます。

  • 保湿効果は高い
  • シミには効果があるかもしれない
  • アトピーにはほとんど効果がないと思う
  • ニキビには効果があるかもしれない

 

個人的には、日本酒の香りがする点が苦手なのですが、香りが気にならない人には、保湿力も高いし、非常に使いやすい一品だと思います。

 

シミやニキビに効いたという口コミは、食生活、紫外線対策など、複合的な要因もあるので、参考程度に聞いておきましょう。



人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ




メルマガ登録2000名様突破!(2020年4月現在)
「化粧品の成分ってよくわからない。化粧品に詳しくなりたい」

化粧品研究職を7年経験した私が、化粧品成分の働き、化粧品開発の流れ、広告に騙されない化粧品選びを学べる無料メルマガ講座を配信中。
また、不定期で皮膚科学研究の紹介、話題コスメ、その他お知らせも配信。

コスメ大好きな方、美容部員さん、OEM処方開発1年目、化粧品企画部門の方などからご好評頂いています。ぜひ登録してみてください。