ヒフミドクリームの成分と安全性はどう?【元化粧品研究職が解析】

ヒフミドトライアルセット
すみしょう
化粧品処方研究家のすみしょう(@smishow01)です。化粧品の処方開発を7年やってました。

 

小林製薬のヒフミドエッセンスクリームが人気ですが、どんな成分で構成されているのでしょうか?また安全性はどうなのでしょうか?

 

「本当にセラミドたくさん入っているの?乾燥肌に効果あるの?敏感肌でも大丈夫?」

 

こんな疑問に答えます。

 

まず、結論としては、驚きました。

 

ヒフミドクリームは、乾燥肌対策をしっかり考えた、高い技術が詰まったクリームだと思います。

 

また、あくまで公開情報からの推定ですが、セラミドは4%以上と非常に高配合、さらにセラミドの機能を引き出す処方設計を加えています。

 

また、安全性にはかなり気を使って作られているなと思いました。

 


ヒフミドの重要成分「セラミド」の役割

セラミド粉体の外観

セラミドは、肌の角層の中を満たす「角質細胞間脂質」の50%をしめる成分です。

過度な洗浄や、加齢によりセラミドが不足すると皮膚のバリア機能が弱まり、肌から水分が逃げやすくなってしまいます。

参考:J Invest Dermatol.,96(4),1991

 

セラミドを外部から補給することで、水分保持機能を向上させることも報告されており、スキンケアの重要な成分と考えられています。

参考:合成セラミドを主成分とする生体脂質類似皮膚化粧料の開発

 

セラミドは総称であり、天然(馬や牛由来)、合成類似、合成ヒト型、などのいくつもの成分があります。

ヒフミドは、人がもともと持つセラミドであるヒト型セラミド1、2、3を組み合わせることを特徴としたスキンケアで、乾燥肌の方向けに作られています。

 

ヒフミド エッセンスクリームの成分解析

ヒフミドエッセンスクリームについて成分解析をします。

小林製薬のセラミド含有クリームの特許が出ていましたので、そこから配合率を推定しています。

成分 説明 推定配合量(%)
ベース 64
BG 2価格アルコール、保湿 9
ミリスチン酸ポリグリセリル-10 非イオン性界面活性剤、セラミド安定化 6
グリセリン 3価アルコール、保湿 5
セラミド2 ヒト型セラミド 4
ダイズステロール 大豆フィトステロール、セラミド安定化 3
イソステアリルアルコール 分岐アルコール、エモリエント、セラミド安定化 2
ペンチレングリコール 2価格アルコール、保湿、防腐 2
ホホバ種子油 ワックスエステル、エモリエント 2
スクワラン 炭化水素、エモリエント 2
セラミド1 ヒト型セラミド 0.0001%
セラミド3 ヒト型セラミド 0.05%
グルコシルセラミド 糖セラミド、保湿 1%以下
ポリクオタニウム-51 リン脂質ポリマー、保湿 1%以下
ポリクオタニウム-61 リン脂質ポリマー、保湿 1%以下
キハダ樹皮エキス 植物エキス、保湿 1%以下
PCA-Na 天然保湿因子、保湿 0.1%
マカデミア種子油 油脂、エモリエント 1%以下
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル エステル、エモリエント 1%以下
α-グルカン 糖類、保湿、感触改良 1%以下
カルボマー 合成ポリマー、粘度調整 0.1
フェノキシエタノール 防腐剤 0.4
水酸化Na pH調整 0.01

小林製薬の特許を見て、このような配合量と推定しました。

成分の分類で大まかにまとめると、ヒフミドクリームは、

  • 水…64%
  • 保湿成分…BG、グリセリンなどで16%
  • 油分…ダイズステロール、イソステアリルアルコールなどで9%
  • 界面活性剤…ミリスチン酸ポリグリセリル-10で6%
  • セラミド…セラミド1、2、3で4%

 

セラミドをこんなに配合しているクリームは私は初めて見ました。

たくさん配合すれば良いかと言われると、そのようなデータはないですが、それでもこれだけセラミドが入っているのはかなり嬉しいです。

 

以下、処方の特徴についてさらに詳細に解説します。

 

セラミドの機能を引き出す処方設計

ヒフミドクリームのセラミドは、2つの技術で、セラミドの機能を引き出していると思われます。

 

セラミド1、2、3、ダイズコレステロールの組み合わせ

小林製薬の特許6356457を見ると、セラミド1、2、3、ダイズコレステロールを組み合わせることで、バリア機能がアップすることを、サンプル瓶レベルで確かめています。

セラミド1、2、3、ダイズコレステロールのどれか1つでも欠けると、水分が蒸発しやすいという実験です。

 

少し残念だったのは、データに有意差があるかわからなかったのと、実際のクリームにしたときのヒトでの臨床データがなかったことですね。

 

セラミド、ダイズコレステロール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10の組み合わせ

実はセラミドは、単体だと角層バリア向上効果は弱く、コレステロールとポリグリセリン脂肪酸エステルと併用することで角層バリア機能をアップさせるという報告(光学活性セラミドの開発と機能)があります。

 

ヒフミドクリームは、この技術も応用しているものと思われます。

 

細かいことを言うと、本当に角層バリアが正常化したのか、もしくは、皮膚の上に擬似的な膜を作っているかは明確ではないですが…。

ポリマーが多すぎる気がする

一方、若干気になるのが、ポリマー成分が多いことですね。

配合量は不明ですが、種類でいうと4種類。

  • ポリクオタニウム-61
  • ポリクオタニウム-51
  • αーグルカン
  • カルボマー

 

普通に成分としてみると良い成分ばかり。

 

ですが、せっかくセラミドを配合しているところに、ポリマーが入ると、セラミドの構造を壊したり、角層に浸透する際に邪魔したりしないかが気がかりではあります。

 


ヒフミドクリームの安全性について

刺激リスクがある成分としては、ミリスチン酸ポリグリセリル-10ですね。

 

ミリスチン酸ポリグリセリル-10は、界面活性剤であり、処方推定すると配合量が多そうなので、化粧品の安全性評価としてCIRをのレポートを確認しました。

 

ミリスチン酸ポリグリセリル-10の皮膚刺激性

  • 5%のミリスチン酸ポリグリセリル-10水溶液は、35人の24時間閉塞パッチテストで刺激なし
  • 10%のミリスチン酸ポリグリセリル-10水溶液は、48人の48時間閉塞パッチテストで刺激なし

 

ということで、10%以下であれば、皮膚刺激リスクはほぼないと推察されます。

 

前述のように、ヒフミドクリームには、ミリスチン酸ポリグリセリル-10が10%以下だと思われるので、刺激リスクは低いかなと思います。

 

ミリスチン酸ポリグリセリル-10の皮膚アレルギー性

ミリスチン酸ポリグリセリル-10のアレルギー試験はデータはありませんでした。

 

ただ、ミリスチン酸ポリグリセリル-10より分子量が小さく、刺激リスクの高いラウリン酸ポリグリセリル-3のデータがありました。

 

この成分を原液100%を用いて、114人のヒトRIPT(アレルギーテスト)にて無反応だったので、ミリスチン酸ポリグリセリル-10もアレルギー性がないと考えられます。

 

ということで、ヒフミドクリームはかなり刺激が少ない処方だと思います。

 

まとめ

化粧水を塗る女性

安いコスメで「セラミド配合」と宣伝しているものは、本当にちょびっとしか配合していないことも多いです。

 

でも、ヒフミドクリームは4%もセラミドを配合しており、さらに、セラミド1、2、3、ならびに、コレステロールとポリグリセリン脂肪酸エステルを配合して、セラミドの機能を引き出す設計になっており、乾燥肌にオススメのクリームと言えます。

 

すみしょう
私が化粧品開発するなら、単に油だけ配合したクリームではなく、ヒフミドのようにセラミド技術を盛り込んだ設計をしたいと思いました。

 

ヒフミドクリームはドラッグストアには売ってないですが、アマゾンや楽天で22gで4400円で買えます。セラミド技術を盛り込んでこの値段なので、かなりコスパはいいと思います。

 

お肌に合うか少しだけ試してみたい方は、ヒフミドトライアルセットを買ってみるのがお得だと思います。

クレンジング、洗顔、化粧水、クリーム、日焼け止めが1週間分セットになっています。

ヒフミドトライアルセット

 

1週間分のミニセットは980円+送料で試せて、定期縛りもないので気軽に試しやすいです。

 

 

ヒフミドのクリームを使った私の使用感レビュー、SNSでの口コミについては、以下をご覧ください。

ヒフミドクリームをしばらく使った感想を口コミする【研究職目線です】

2019.11.22

2 件のコメント

  •  ヒフミド化粧水のみ愛用している、41才の乾燥肌女性です。
    分野は違いますが、メーカー研究開発職についたため、物選びには本質を知りたいと思っていました。
    そうそう、物作りってそうですよねと思いながら、とても面白く拝見させていただいています。
    かずのすけさんよりも信憑性が高いので更新を楽しみにしています。
    ただ、私は化学系には詳しくなく、化粧品検定本などは読みましたが、ナフサ分野のことは分かりません。そこで、時間がある時に解析をお願いできたらな〜、、と思っている商品があります。

     美水泉という石鹸(温泉で買ってから気に入りリピートしています。夜はメイクも手ぬぐいを使ってこれで2回洗顔しています。朝はぬるま湯洗いのみです。)
     エンチュレーの馬油(乳液なしで、これだけ使っています。これより前はニベアの青缶を顔に使っていました。お気に入りではありますが、ふと車に放置していた物を使おうとしたら、プラスチックの臭いがしましたので、あんまりよくないのかな?と思ってです)
     アナヤスのディセンシアの化粧水(ヒフミドと比べた時、使用感は良かったのですが高めなのでやめましたが、セラミドの浸透効果についてヒフミドと比較してもらいたいなと思います。)

    20代はノントラブルで化粧品には無頓着だったのですが、化粧品販売を始めた友達に色々すすめられ30〜37頃は逆にトラブルがたくさん出て、ホルモンによって敏感肌になったのか?と悩み自分なりに化粧品を調べだして今にいたります。ここ3年ほどはトラブルはありませんが、老化もすすんでいるので、アンチエイジングできるような商品があればなとこちらを参考にさせてもらっています。
     

    • 研究職なんですね!物事の本質を知るのは大事ですよね。
      リクエストが多いものを順にやっていきますので、よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください