乾燥肌に効果的なヘパリン類似物質配合の市販品ランキング

ヘパリン類似物質配合市販品オススメランキング2

乾燥肌対策にオススメの成分と市販品を紹介します。

 

その成分とは、ヘパリン類似物質配合の医薬部外品です。(医薬品ではない)

使いやすさや価格を考えると、今のところ良いなと思うのは2つの商品です。

  1. アトピアD保湿フォーム
  2. メディベビーミルクジェル

 

乾燥や肌荒れに悩む人、子供と一緒に使える保湿剤を探している方に参考になればと思います。

 


ヘパリン類似物質とは?効果メカニズムと副作用について

ヘパリン類似物質の構造式_th

ヘパリン類似物質は、体内にある血液の凝固剤として汎用されるヘパリンに似ている成分で、50年以上前から乾燥肌治療薬として用いられてきました。

 

カルボキシや硫酸エステル基を持つ高分子です。

 

効果

効果としては、以下3つが主に挙げられます。

  • 保湿
  • 血行促進
  • 抗炎症

 

商標ではマルホ株式会社の「ヒルドイド」が有名で、これまでは、極度の乾燥肌の治療薬として、皮膚科の処方や、第2類医薬品でしか入手できませんでした。

 

そして、高い保湿効果を求めて、美容目的で皮膚科に通う方が多くなり、医療費を圧迫することが問題となっていました。

 

すみしょう
そこで、医師の処方箋が必要なく手軽にドラッグストアで買える、ヘパリン類似物質配合の商品開発が進んだというわけです。厚労省としてもその方向ですすめたいのでしょう。ヘパリン類似物質の医薬部外品が続々投入されています

 

ヘパリン類似物質の保湿効果メカニズム

以下の論文によると、2つが考えられています。

  • 細胞間脂質のラメラ構造の回復
  • 2次結合水の増加(角層水分の増加)

 

バリア機能を修復するということが示唆されています。また、空気中の水分を吸湿するという効果が挙げられます。

 

参考:ヘパリン類似物質の保湿作用メカニズム—角層中結合水と角層ラメラ構造を中心に—

副作用

ヘパリン類似物質を配合した医薬品での報告事例になりますが、ヒルドイド®クリーム0.3%は総投与症例2471例中、23例(0.93%)に副作用が認められ、主なものは

  • 皮膚炎9件(0.36%)
  • そう痒8件(0.32%)
  • 発赤5件(0.20%)
  • 発疹4件(0.16%)
  • 潮紅3件(0.12%)

 

とされています。(参考:ヒルドイドFAQ

 

1年も10年も使った場合の副作用については明らかではありませんが、国内で昔から使われているもので、赤ちゃんにも使う医薬品なので、過激なものではないと思います。

 

ヘパリン類似物質配合の市販品の選び方

ヘパリン類似物質配合の市販スキンケア商品の選び方のコツとしては、以下に着目しましょう。

  • 1mlあたりの価格が安いもの
  • 安全性試験や保湿試験の有無
  • 第2類医薬品は避ける

 

1mlあたりの価格が安いもの

有効成分が同じなら、基本は価格が安いものを選びましょう。

有効成分の配合量は、ほとんど一緒だと思います。

 

安全性試験や保湿力試験をしているか

ほとんど中身が同じならば、それ以外のところで付加価値をつけなければなりませんよね。

 

製品によっては、ヒトを使った安全性試験や、乾燥による小じわを防ぐ試験を実施しているものがあります。

 

これらの試験をしているのを選ぶのもいいですね。

 

第2類医薬品は避ける

ヘパリン類似物質配合の第2類医薬品があります。有名どころでいうと、グラクソスミスラインとかマツキヨのクリームですね。

 

ちなみに、第2類医薬品の定義は、以下です。

第2類医薬品

その副作用等により日常生活に支 障を来す程度の健康被害を生ずる おそれがある医薬品であって厚生労働大臣が指定するもの ※第一類医薬品を除く (まれに入院相当以上の健康被

引用:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000050568.pdf

より具体的には、「まれに、入院相当以上の健康被害が生じる 可能性がある成分を含むもの」と定められています。

 

医薬品は怪我や病気を治すものです。副作用リスクもわずかながらにあるので、美容目的で長いこと使うのは辞めた方がよいです。ヘパリンは長期使用でも副作用の報告は少ないようですが。

 


ヘパリン類似物質配合の市販オススメローション1選

ローション部門は1つです。

ローションといっても、ボトルは泡洗顔のようなフォームタイプです。

アトピアD保湿フォームという商品です。

アトピアD保湿フォーム

こちらは、アライアンスファーマという富山県の会社が製造販売元になっています。が、OEMで他の会社が作っていると思います。

値段は、100gで1,980円です。

 

特徴は、3つの有効成分を配合していることです。

 

ヘパリン類似物質で、角層を整えて肌の保水機能を保ちます。さらに、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン で抗炎症、ニキビや肌荒れを防ぐ効果が期待されます。

 

そして添加成分もこだわりがあり、皮膚の細胞膜成分であるリン脂質をつなげたリン脂質ポリマーを配合しています。配合量は少ないかもしれませんが、保湿効果や、安全性も高く、皮膚刺激を緩和する効果もある優秀な成分です。

 

さらに、乾燥小じわを防ぐ臨床試験を行なっています。

 

プッシュすると泡で出てきて、すぐにシュワッと消えます。塗り広げやすくなっています。

べたつきも少なく感触が良いのが特徴です。

 

泡だからと言って界面活性剤を配合しているわけでもなく、非常にお肌に優しい設計になっています。

 

より効果的につかうならば、その後クリームでフタをしてやる方が効果的だと思います。

 

ヘパリン類似物質配合の市販オススメ乳液5選

乳液は全てクリームより安いのが特徴です。

 

5位 ウルンラップ ヘパインミルクローション

ウルンラップミルクローション

容量:100ml

価格:1470円(1gあたり14.7円)

価格:4.9 out of 5 stars (4.9 / 5)
保湿力:3 out of 5 stars (3.0 / 5)
口コミ:2.1 out of 5 stars (2.1 / 5)
Average:3.3 out of 5 stars (3.3 / 5)

 

 

製造販売元は、コスモビューティです。

価格は安いのですが、@コスメの口コミが0件だったので、今後に期待です。

 

 

4位 ヒルセリンローション

ヒルセリンローション

容量:100ml

価格:1598円(1gあたり16円)

価格:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
保湿力:3 out of 5 stars (3.0 / 5)
口コミ:3.9 out of 5 stars (3.9 / 5)
Average:3.8 out of 5 stars (3.8 / 5)

 

製造販売元は、コスモビューティです。

 

 

3位 ナルクヘパリンミルクローション

ナルク薬用ヘパリンミルクローション

特徴:価格が一番安い、まとめ買いがお得

容量:200ml

価格:2880円(1gあたり14.4円)

価格:5 out of 5 stars (5 / 5)
保湿力:3 out of 5 stars (3 / 5)
口コミ:4 out of 5 stars (4 / 5)
Average:4 out of 5 stars (4 / 5)

 

NALCから発売されているミルクローションで、ポンプタイプです。

アマゾンや楽天などでしか手に入らないと思います。

公式サイトでは、まとめ買いするとお得になります。

 

すみしょう
1mlあたりの価格が同立で一番安いですので、安さ重視ならオススメ。

おこめ
パッケージはメンズっぽいイメージですね。

 

 

2位 ヘパソフト薬用顔ローション

ヘパソフトローション

特徴:乾燥小じわ試験済み、トリプル有効成分

容量:50g

価格:798円(1gあたり21.6円)

価格:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
保湿力:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
口コミ:4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)
Average:4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)

 

ロート製薬から発売されているミルクローションで、ボトル品です。

キリン堂やマツキヨなどのドラッグストアに売ってます。

 

すみしょう
トリプル有効成分ですね。

保湿と抗炎症効果に優れます。

さらに乾燥小じわを防ぐ機能が認められているので、ローションでも、しっかりと保湿してくれます。

おこめ
1つだけ残念なのは、ポンプタイプじゃないので、サっと使いたいときに不便です

 

 

1位 メディベビーミルクジェル

 メディベビーミルクジェル大

特徴:1ml価格が1番安い、ポンプタイプ

容量:150ml

価格:2160円(1gあたり14.4円)

価格:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
保湿力:3 out of 5 stars (3.0 / 5)
口コミ:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
Average:4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)

 

イシュアから発売されているベビー向けミルクジェルです。

製版は東洋ビューティ。

 

ヘパリン類似物質配合の市販品では1mlの価格が安く、一番お得です。

 

主に、コスメキッチン、ロフト、東急ハンズに売ってます。

 

すみしょう
オススメポイントはクリームと同じく、乳幼児の連用試験を行なっていることですね。

また、ミルクローションなので、伸びが良いので子供にも使いやすいです。

おこめ
赤ちゃんにも一緒に使いたいので、ポンプタイプは使いやすくて便利です!

 

 

ミルクローションのスペック比較一覧表

1位 2位 3位 4位 5位
商品画像 メディベビーミルクジェル ヘパソフトローション ナルク薬用ヘパリンミルクローション ヒルセリンローション ウルンラップミルクローション
商品名 メディベビー
ミルクジェル
ヘパソフト薬用
ローション
ナルクヘパリン
ミルクローション
ヒルセリン
ローション
ウルンラップ
ヘパインミルク
発売元 イシュア ロート製薬 NALC コジット CB
製造販売元 東洋ビューティ ロート製薬 コスモビューティー コスモビューティー コスモビューティー
有効成分 ・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
・アラントイン
・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
価格 2,160 798 2,880 1,598 1,470
内容量(ml) 150 50 200 100 100
1mlの価格 14.4 16.0 14.4 16.0 14.7
価格 5.0 4.5 5.0 4.5 4.9
保湿力 3.0 4.0 3.0 3.0 3.0
口コミ 4.5 4.1 4.0 3.9 2.1
総合評価 ★4.2 ★4.2 ★4.0 ★3.8 ★3.3
商品リンク

価格は税込。

 

ヘパリン類似物質配合の市販オススメクリーム5選

ヘパリン類似物質配合の市販オススメクリームを紹介します。

 

なお、口コミはアマゾンと@コスメの評価を平均しており、口コミが1件もなければ、かなり評価が下がります。

例えばアマゾンで4点でも、@コスメの口コミが0件なら、平均で2点になります。

 

5位 ヘパリッチクリーム

容量:30g

価格:1058円(1gあたり35.3円)

価格:2.1 out of 5 stars (2.1 / 5)
保湿力:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
口コミ:0 out of 5 stars (0.0 / 5)
Average:2.4 out of 5 stars (2.4 / 5)

 

 

グッズマンという会社が発売しています。

製造販売元はコスモビューティです。

価格が一番結構高いのと、@コスメやアマゾンの口コミがないので大幅評価ダウンしています。

 

 

4位 ウルンラップ ヘパインクリーム

ウルンラップへパインクリーム容量:50g

価格:1470円(1gあたり29.4円)

価格:2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)
保湿力:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
口コミ:2.1 out of 5 stars (2.1 / 5)
Average:3.2 out of 5 stars (3.2 / 5)

 

 

CBという会社が発売しています。

製造販売元はコスモビューティです。

価格が結構高いのと、@コスメの口コミがないので評価ダウン。

 

 

3位 ヒルドプレミアムクリーム

 

容量:50g

価格:1130円(1gあたり22.6円)

価格:3.2 out of 5 stars (3.2 / 5)
保湿力:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
口コミ:2.1 out of 5 stars (2.1 / 5)
Average:3.4 out of 5 stars (3.4 / 5)

 

STAYFREEが発売しているクリームタイプ。

製版はコスモビューティ。

 

あまり有名ではなく、@コスメの評価はないので口コミ点数が下がっています。

 

すみしょう

ちなみに商品ページでワセリンも含めて、トリプル有効成分と言ってますが、ワセリンは有効成分ではありません。

おこめ
パッケージがヒルドイドにかなり似てないですか?

 

2位 ヒルセリンクリーム

特徴:ドラッグストアで買える

容量:50g

価格:1058円(1gあたり21.2円)

価格:3.4 out of 5 stars (3.4 / 5)
保湿力:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
口コミ:3.9 out of 5 stars (3.9 / 5)
Average:4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)

 

 

コジットが販売しているクリームで、クリームの中でもコスパが1番良いですね。

マツキヨやショップインで買えます。

 

すみしょう

ドラッグストアで買えるのは嬉しいですね。

おこめ
パッケージは、医薬品っぽい感じでおしゃれではないですね。

 

 

1位 メディベビーモイストクリーム

メディベビークリーム

特徴:乳幼児連用試験済み

容量:100g

価格:2160円(1gあたり21.6円)

価格:3.4 out of 5 stars (3.4 / 5)
保湿力:5 out of 5 stars (5.0 / 5)
口コミ:4.3 out of 5 stars (4.3 / 5)
Average:4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)

 

2019年3月に発売されたベビーブランドで、赤ちゃんもママも一緒に使えるクリームです。

製版は東洋ビューティです。

 

ヘパリン類似物質配合の市販クリームの中ではトップレベルでお得です。

 

主に、コスメキッチン、ロフト、東急ハンズに売ってます。

 

すみしょう
オススメポイントは、乳幼児の連用試験を行なっていることですね。

普通は、連用試験は大人が行うのですが、乳幼児で試験しているのは珍しいです。みんなに安全に使って欲しいという商品開発の想いが伝わる一品です。

おこめ
赤ちゃんも一緒に使えるのは便利。パッケージもかわいいですね

 

 

クリームのスペック比較一覧表

1位 2位 3位 4位 5位
商品画像 メディベビークリーム ヒルセリンクリーム ヒルドプレミアムクリーム ウルンラップヘパインクリーム ヘパリッチクリーム
商品名 メディベビー
モイストクリーム
ヒルセリン
クリーム
ヒルドプレミアム
クリーム
ウルンラップ
ヘパインクリーム
ヘパリッチ
クリーム
発売元 イシュア コジット STAYFREE CB グッズマン
製造販売元 東洋ビューティ コスモビューティー コスモビューティー コスモビューティー コスモビューティー
有効成分 ・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
・ヘパリン類似物質
・グリチルリチン酸2K
価格 2,160 1,058 1,130 1,470 1,058
内容量(g) 100 50 50 50 30
1gの価格 21.6 21.2 22.6 29.4 35.3
価格 3.4 3.4 3.2 2.5 2.1
保湿力 5.0 5.0 5.0 5.0 5.0
口コミ 4.3 3.9 2.1 2.1 0.0
総合評価 ★4.2 ★4.1 ★3.4 ★3.2 ★2.4
商品リンク

ヘパリン類似物質配合の市販品のよくある疑問

手を上げて質問する犬

よくある疑問について答えます。

 

ヘパリン類似物質配合の市販品はどれくらい塗るべき?

基本は、商品説明に従ってください。

塗りすぎるとテカリが気になることも多いので、様子を見ながら塗りましょう。

 

ヘパリン類似物質配合の市販品は赤ちゃんにも使えるの?

赤ちゃんにも使えると訴求しているものが多いですね。基本は、商品説明に従ってください。

 

ただ、赤ちゃんに限らず、まれに赤みなどが出ることもあるので、気になる方は使用を中止して、皮膚科に相談しましょう。

 

ヘパリン類似物質配合の市販品は0.3%配合なの?

医薬品の場合は、ヘパリン類似物質が0.3%です。

しかし、医薬部外品は効果が弱いものなので、0.3%より少ない配合量だと思います。

 

ヘパリン類似物質配合の市販品は顔にも使えるの?

基本は、商品説明に従ってください。

 

ヘパリン類似物質配合の市販品の中身は同じものがたくさんある

ヘパリン類似物質配合の市販品の多くは、化粧品企画メーカーが発売しています。

 

化粧品企画メーカーは、商品のコンセプトやブランディングを考える会社であり、工場を持っていません。したがって、実際の中身の製造は、化粧品OEM会社に委託します。

 

すみしょう

なので、ブランドは違うけれども、中身は同じ製品がたくさんあります。

 

おこめ
え?!そんなの知らなかった。ほんとですか?

 

その証拠と言ってはなんですが、2つの異なる化粧品メーカーから発売されている、以下の商品について見てください。

  • 左(出典:https://cafe-aug.net/):株式会社NALC ヘパリンミルクローション
  • 右(出典:https://beauty-net.co.jp/):株式会社コジット ヒルセリンローション

赤枠で囲った「販売名」を見てください。

販売名はどちらも「乾燥肌用薬用ローションHP」となってます。

 

「販売名」は「商品名」とは違い、医薬部外品の承認を受けるための法律上の名称であり、同じ販売名であれば、成分は100%同一なのです。

 

また、ネットで「乾燥肌用薬用ローションHP 承認」と調べれば、コスモビューティという会社が承認を受けたことがわかります。

 

すみしょう
なので、同じ販売名であれば成分に差がないので、迷う場合は、価格とかパッケージの可愛さなどを重視して選べば良いです。

すみしょう的におすすめな商品まとめ

今現在、どんな肌質の方にもおすすめできるのは、オルビス ディフェンセラというトクホ食品です。

肌のバリア機能に着目し、うるおいを逃がしにくくする効果が期待されます。劇的な効果実感は薄いものの、皮膚科学的に理にかなっており、普段のスキンケアにプラスαで取り入れるのはアリです。

以下、私の解析&使用感レビューです。

→オルビスディフェンセラの解析&使用レビュー

オルビスディフェンセラを3ヶ月飲んだ私がその効果を口コミ【元化粧品研究が語る】

2019.10.05

メルマガ登録200名様突破
「化粧品の成分ってよくわからない。化粧品に詳しくなりたい」

化粧品研究職を7年経験した私が、化粧品成分の働き、化粧品開発の流れ、広告に騙されない化粧品選びを学べる無料メルマガ講座を配信中。
また、不定期で皮膚科学研究の紹介、話題コスメ、その他お知らせも配信。

コスメ大好きな方、美容部員さん、OEM処方開発1年目、化粧品企画部門の方などからご好評頂いています。ぜひ登録してみてください。