肌ラボ極潤ヒアルロン酸化粧水の成分解析と使用感レビュー

肌ラボ極潤ヒアルロン酸液
すみしょう
こんにちは、コスメアナリストのすみしょう(@smishow01)です。

 

今回は、プチプラで人気の肌ラボ極潤ヒアルロン酸化粧水について、成分解析と使用感レビューをしました。

 

結論としては、保湿感はまあまあで、独特の浸透感が特徴的ですが、一般的な化粧水かと思います。

 

どんな成分がどんな目的で入っているのか記載していますので、参考になればと思います。

 


人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ



肌ラボ極潤ヒアルロン酸化粧水の基本情報

 

パッケージ 肌ラボ極潤ヒアルロン酸液
商品名 肌ラボ極潤ヒアルロン酸液
メーカー ロート製薬株式会社
製造販売元 ロート製薬株式会社
価格 170ml 約800円

構造の異なるヒアルロン酸を3つ使っているというのが特徴です。

しかし、配合量が多いのかはわかりません。

 

使用感と価格から考えると、原価が安くてヌメヌメ感が出やすいヒアルロン酸Naはわりと配合されていて、残りの2つのヒアルロン酸は原価も高いので微量配合だと思います。

 

肌ラボ極潤ヒアルロン酸化粧水の成分解析

成分名 配合目的 推定配合率(%)
ベース成分 88
BG 2価アルコール、保湿 5
グリセリン 3価アルコール、保湿 5
加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸) 保湿 0.1%以下
アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸) 保湿 0.1%以下
ヒアルロン酸Na 保湿 0.1%以下
PPG-10メチルグルコース 保湿 1%以下
コハク酸2Na pH調整 1%以下
ヒドロキシエチルセルロース 粘度調整 1%以下
コハク酸 pH調整 1%以下
メチルパラベン 防腐 1%以下

よく使われる水性の保湿成分BG、グリセリンに、美容成分ヒアルロン酸を3つ配合というシンプル構成でコンセプトは好きです。

 

以下、特徴的な成分や処方技術だと思ったものを抜き出します。

 

保湿成分はシンプル

水とBGとグリセリンで98%くらいを占めると思います。

グリセリンもBGもかなり刺激が少ないですが、BGはごくごく稀に刺激になる人もいるようです。

 

3種のヒアルロン酸

ヒアルロン酸Naはよく使う保湿成分で、0.01〜0.1%配合されていると思います。

ヒアルロン酸Naは分子量が数百万と言われる巨大分子なので肌に浸透せず、肌の上で保湿してくれます。

これを配合すると、化粧水のとろみが少し出て、塗った時にもぬるぬるします。

 

スーパーヒアルロン酸と呼ばれている「アセチルヒアルロン酸Na」は資生堂のオリジナル原料なのですが、価格が高いので微量配合と思われます。キャッチコピー成分的な感じですね。

 

ナノ化ヒアルロン酸と呼ばれている「加水分解ヒアルロン酸」は、キューピーの原料でして、こちらも価格が高いので、微量配合と思います。

ヒアルロン酸Naを分解して、分子を細かくしたもので、お肌に浸透しやすくなっています。

 

ヒアルロン酸Naは感触や保湿感に重要で、残りの2つは入っていてもいなくても触った感じはわからないと思います。

 

なお、肌のヒアルロン酸が増えるわけではなく、一時的な保湿効果というイメージです。

 

珍しい保湿成分PPG-10メチルグルコース

保湿感を決める重要な成分としてはPPG-10メチルグルコースが挙げられます。メチルグルコースという糖骨格の成分に、プロピレングリコールを10個くっつけた成分です。

PPGはポリプロピレングリコールと読み、「ポリ」というのは分子が沢山という意味ですので、プロピレングリコールがたくさんついているという意味です。図のAOのところにプロピレングリコールがついてきます。

 

PPG部分は、油っぽい性質を示すので、ちょっとオイルを入れたようなしっとり感を付与していると思います。

 

普通に油を配合するなら界面活性剤が必要なのですが、そうすると感触がベタベタになります。そのため、このような成分をうまく使っているのだと思います。

 

低刺激処方

処方全体を見ると、界面活性剤や香料も使っておらず、刺激になりやすいと言われるPGやDPGも使ってないので、敏感肌の人でも使いやすいのではないでしょうか。

 

刺激になると言われる防腐剤は、化粧品にどうしても必要です。

 

肌ラボ化粧水にはメチルパラベンは配合されていますが、メチルパラベンは世界中で昔から使われるものであり、安全性試験は色々されているものなので、良いセレクトと思います。

 

パラベンで刺激が出るとわかっている方は、まずはテスターを塗って確かめるのが良いでしょう。パラベンに弱い人以外は大丈夫だと思います。

 


人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ



肌ラボ極潤ヒアルロン酸化粧水の使用感レビュー

外観

外観は、水よりとろみがあり、ちょっと糸を引く感じです。

 

伸び

塗り始めはぬるぬるで、少量でも顔全体に伸び広がります。

しかしあるところで、ヌルヌル感が一気になくなり、浸透したような感じがします。

この独特な感触は、ヒアルロン酸Naの特徴だと思います。

 

個人的には、最初のヌルヌル感があまり好きではないです。つけた瞬間に肌に馴染むやつが良いですね。

 

保湿感&べたつき感

馴染むと、厚み感がある保湿感を感じます。これはPPG-10メチルグルコースの影響も大きいと思いました。

めちゃくちゃ高保湿でという感じではないものの、心地よい保湿感です。

嫌なベタつき感は感じません。

 

総評

一般的な保湿成分で作られた、普通の化粧水という印象です。シンプル構成で、敏感肌の人にも良いと思いますし、べたべたが嫌な男性の方も使いやすいと思います。

 

なお、ヒアルロン酸配合のものをつけたからといって、お肌のヒアルロン酸の量がアップすることはないので、普通に保湿できる化粧水として使ったら良いかと思います。



人気 元化粧品研究すみしょうが選ぶマイベストコスメ




メルマガ登録200名様突破
「化粧品の成分ってよくわからない。化粧品に詳しくなりたい」

化粧品研究職を7年経験した私が、化粧品成分の働き、化粧品開発の流れ、広告に騙されない化粧品選びを学べる無料メルマガ講座を配信中。
また、不定期で皮膚科学研究の紹介、話題コスメ、その他お知らせも配信。

コスメ大好きな方、美容部員さん、OEM処方開発1年目、化粧品企画部門の方などからご好評頂いています。ぜひ登録してみてください。